ページの先頭です
メニューの終端です。

令和2年10月1日から、ロタウイルスワクチンの定期予防接種が始まります。

[2020年8月1日]

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

ロタウイルスワクチンの定期接種

 令和2年10月1日から、ロタウイルスワクチン予防接種が定期接種化されます。

令和2年8月1日以降生まれのお子さんが対象になります。

【注意!】令和2年8月1日以降に生まれた方が9月30日以前に接種した場合は、任意接種となり費用は自己負担になるためご注意ください。

ワクチンの種類

ロタウイルスワクチンには、ロタリックスとロタテックの2種類があります。どちらも飲むタイプのワクチンで、効果や安全性に差はありません。


ワクチンの種類
ワクチン名ロタリックスロタテック
接種時期出生6週0日後~24週0日後まで出生6週0日後~32週0日後まで
※どちらのワクチンも、初回接種を、生後2か月から出生14週6日後まで
接種回数2回接種(27日以上の間隔をあける)3回接種(27日以上の間隔をあける)

接種後は「腸重積症」に注意しましょう。

  • 腸重積症は、腸が腸に入りこんで重なりあってしまう病気で、速やかな治療が必要です。
  • 0歳児の場合、ロタウイルスワクチンを接種しなくても、起こることがある病気で、特に生後4~5か月から月齢が進むと、腸重積症にかかりやすくなります
  • ワクチン接種後1~2週間ぐらいの間は、腸重積症にかかりやすくなると報告されています。


接種後、次のような症状が見られた場合は、速やかに接種した医療機関を受診してください。

  • 泣いたり不機嫌になったりを繰り返す
  • 嘔吐を繰り返す
  • ぐったりして顔色が悪くなる
  • 血便がでる

お問い合わせ

埼玉県 嵐山町役場子育て支援課母子保健担当(子育て世代包括支援センター)

電話: 0493-59-6911 ファクス: 0493-62-0715


令和2年10月1日から、ロタウイルスワクチンの定期予防接種が始まります。への別ルート