ページの先頭です
メニューの終端です。

エリアリノベーション「想いを形に!ワークショップ」の開催について

[2021年10月25日]

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

想いを形に!ワークショップ

小さなコトに気づき、小さなアクションから、大きな変化が生まれる。仲間と出会い、「エリアリノベーション」を今こそ

令和3年度から「嵐山町エリアリノベーション支援事業」として「Emo-Town.Pro#らんざん(エモタウンプロジェクト)」がスタートしました。

プロジェクトの第1弾として7月24日に「リノベーション講演会」を開催しました。参加者同士が仲間となり、早くもエリアリノベーションを自ら取組み始めています。

第2弾のワークショップでは、暮らしの中で普段気づくかない「コト・モノ」の見方を変え、「楽しい、面白い、心地よい」を感じる「トキ」を創り出すことを体験していきます。

令和3年10月21日付けで、「埼玉東上地域大学教育プラットフォーム(別ウインドウで開く)」から後援を受けております。

日時

2021年11月14日(日曜日)、12月5日(日曜日)、2022年1月16日(日曜日)、2月13日(日曜日)

各日 午後1時00分~午後4時00分

場所

武蔵嵐山駅(改札口)集合(1日目のみ)  ※2日目以降は1日目にご連絡します。

講師

コトラボ合同会社 代表 岡部友彦 氏

紹介

コトラボ合同会社は、「マチづくり」を、「モノづくり」ではなく、「コトづくり」からはじめる会社です。

ドヤ街と言われる横浜市寿町で、日雇い労働者向け簡易宿泊所を世界中から旅人がやって来る宿に変貌させたYOKOHAMA HOSTEL VILLAGEなどさまざまなプロジェクトを手掛けています。また、愛媛県松山市でも空き家バンクや拠点づくりなどを行い、地域資源を活用した街のイメージチェンジを得意としています。

内容

1日目 まちを歩く

  • モデル空き家を中心とするスモールエリアを実際に歩きます。
  • 暮らしの中にある普段気づかないコト・モノを探します。
  • 見方を変えてコト・モノを見立てます。

2、3日目 グループで妄想

  • まち歩きで見つけたコト・モノを仲間で話します。
  • 暮らしの中で「楽しい、面白い、心地よい」を感じるトキを妄想します(考えます)。
  • 妄想したトキを創り出します(企画します)。

4日目 みんなで発表

  • 空き家所有者、町民などに、仲間と企画したことを発表する予定です。

申込み

定員

15名程度

参加費

無料

申込方法 ※11月11日(木)締切

申込フォーム

•申込フォーム(QRコード)
•メール:r-renovation@town.ranzan.saitama.jp
•電話:0493-62-0721(嵐山町役場 まちづくり整備課 都市計画担当)

申込事項

  • 名前
  • 住所
  • 連絡先(電話番号、メールアドレス)
  • やってみたいことや興味関心があること など

お問い合わせ

埼玉県 嵐山町役場まちづくり整備課都市計画担当

電話: 0493-62-0721 ファクス: 0493-62-0713


エリアリノベーション「想いを形に!ワークショップ」の開催についてへの別ルート