ページの先頭です
メニューの終端です。

【こども医療費】県内全域で現物給付が適応されます!

[2022年8月1日]

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

こども医療費における現物給付の適応範囲が県内全域に拡大されます


こども医療費における現物給付方式の適応範囲が、比企管内の提携医療機関から、県内全域の提携医療機関へ拡大されます。

現物給付とは

町と協定を結んでいる医療機関で診察を受け、一部負担金の額が21,000円以下のとき、「健康保険証」と「こども医療費受給資格証」を医療機関の窓口で提示することにより、自己負担分の支払いが不要になります。

要するに医療費を支払うことなく医療サービスを受けることができる仕組みです。

制度の改正時期及び改正内容

時期

令和4年10月1日から

内容

埼玉県内提携医療機関の窓口で、受給資格証と健康保険証を提示することにより、一部負担金の支払いが不要になります。

こども医療費助成制度について詳しいことはこちらのページ(別ウインドウで開く)

対象となる方

1.こども医療費の受給資格がある方

2.こども医療費受給者証は県内現物給付化に伴い、再発行します。

  嵐山町では、現受給者に対して、実施開始日の2,3日前に届くように発送する予定です。

お問い合わせ

埼玉県 嵐山町役場福祉課児童福祉担当

電話: 0493-62-0716 ファクス: 0493-62-0715


【こども医療費】県内全域で現物給付が適応されます!への別ルート