ページの先頭です
メニューの終端です。

全国京都会議に参加しています。

[2013年1月1日]

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

小京都と京都ゆかりのまち

 昭和の初め、この地を訪れた本多静六博士(林学博士)が槻川の渓谷を見て「京都の嵐山に似ている」と感動したと言われている武蔵嵐山は、その後町制施行時に町名となり緑と清流の町「嵐山」を代表する景勝地になっています。

 嵐山町では、その名称や豊かな自然を全国に広め、町の活性化につなげ体と考え「全国京都会議」に参加しています。

全国京都会議

 昭和60年5月、全国に散在する小京都と呼ばれる26市町と京都が参加して「全国京都会議」が結成されました。
 京都とゆかりのまちが互いに手を携え、悠久の歴史と豊かな自然に培われた伝統や文化の魅力を広く全国に発信し、それぞれのまちのイメージアップと観光客誘致の相乗 効果を図ることを目的としています。

 全国京都会議への加盟は、次のような条件に一つ以上あてはまることを基準にしています。
 (1)京都に似た自然景観、町並み、たたずまいがある
 (2)京都と歴史的なつながりがある
 (3)伝統的な産業、芸能がある
 平成30年4月現在、加盟は45市町

 詳しくは下記ホームページをご覧ください。
 全国京都会議ホームページ(別ウインドウで開く)

お問い合わせ

埼玉県 嵐山町役場企業支援課商工・観光担当

電話: 0493-62-0720 ファクス: 0493-62-0713


全国京都会議に参加しています。への別ルート