ページの先頭です
メニューの終端です。

子どもの予防接種

[2021年4月1日]

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

予防接種を受けましょう

お母さんが赤ちゃんにプレゼントした病気に対する抵抗力(免疫)は、成長とともに自然に失われていきます。そのため、赤ちゃん自身で免疫をつくって病気を予防する必要があります。その助けとなるのが予防接種です。

予防接種とは、ワクチンを接種して免疫をつくることにより、発病を予防したり、症状を軽くしたりする方法です。感染症にかからないようにまた、病気を流行させないためにも予防接種を受けて免疫をつけましょう。

予防接種には、予防接種法によって対象疾病、対象者および接種期間が定められた定期予防接種と、それ以外の法定外(任意)予防接種があります。

定期予防接種

乳幼児期に受ける定期予防接種については、出生届提出時に予診票一式(予防接種ノート)をお渡ししています。町外から転入された場合、紛失した場合は予診票を発行しますので、母子手帳をお持ちの上、子育て世代包括支援センターまでお越しください。

定期予防接種には、期限があります。期限を過ぎると無料(公費負担)で接種できなくなります。

予防接種は、ワクチンで防げる感染症の発生及びまん延を予防する観点から非常に重要です。定期予防接種は控えることなく実施してください。

遅らせないで!子どもの予防接種と乳幼児健診(別ウインドウで開く)

乳幼児期の予防接種の種類
予防接種の種類初回接種年齢(標準的な接種年齢)間隔回数
ロタウイルスロタリックス(1価)出生6週0日~24週0日後まで

初回接種 生後2か月から出生14週6日後まで4週間以上の間隔をあけて2回経口接種

2
ロタテック(5価)出生6週0日~32週0日後まで初回接種 生後2か月から出生14週6日後まで4週間以上の間隔をあけて3回経口接種3
ヒブ生後2か月~7か月未満初回接種 27日~56日までの間隔をおいて3回3
追加接種 初回接種終了後7か月~13か月までの
間隔をおいて1回
1
生後7か月~1歳未満初回接種 27~56日までの間隔をおいて2回2
追加接種 初回接種終了後7か月~13か月までの
間隔をおいて1回
1
1歳~5歳未満 1
小児用肺炎球菌生後2か月~7か月未満初回接種 27日以上の間隔をおいて3回3
追加接種 初回接種終了後60日以上の間隔をおいて
生後12か月~15か月までの間に1回
1
生後7か月~1歳未満初回接種 27日以上の間隔をおいて2回2
追加接種 初回接種終了後60日以上の間隔をおいて
生後12か月以降に1回
1
1歳~2歳未満60日以上の間隔をおいて2回2
2歳~5歳未満 1
BCG生後5か月~生後8か月未満 1
B型肝炎生後2か月~生後8か月未満1回目接種後27日以上の間隔をおいて2回目接種
1回目接種後20~24週以上の間隔で3回目接種
3
4種混合
(ポリオ・ジグテリア・百日せき・破傷風)
生後3か月~1歳未満初回接種 20日以上、標準的には56日までの間隔で3回3
追加接種 初回接種終了後概ね12か月後で7歳6か月未満1
MR(麻しん風しん混合)1歳~2歳未満1期1
年長児
(小学校就学前の1年間)
2期1
水痘1歳~2歳1回目接種後、6か月あけて2回目2
日本脳炎1期3歳初回接種 6日以上の間隔をおいて2回目接種2
4歳追加接種 初回接種終了後6か月以上の間隔をおいて接種1

※ロタウイルスワクチンは、令和2年10月1日から予防接種法に基づく「定期接種」になります。


学童期の予防接種
予防接種の種類初回接種年齢(標準的な接種年齢)間隔回数
日本脳炎2期小学4年生(9歳~13歳未満) 1
二種混合(ジフテリア・破傷風)
小学6年生(13歳未満) 1

子宮頸がん予防ワクチン

※現在、積極的にはお勧めしていません

サーバリックス(2価)中学1年生
(小学6年生~高校1年生相当の女子)
1か月の間隔をおいて2回接種した後、初回1回目の接種から6か月の間隔をおいて1回3
ガーダジル(4価)2か月の間隔をおいて2回接種した後、初回1回目の接種から6か月の間隔をおいて1回3

日本脳炎の特例措置について

日本脳炎の予防接種は、接種後に重い病気になった事例があったことをきっかけに、平成17年度から平成21年度まで、日本脳炎の積極的勧奨を差し控えていました。

その後新しいワクチンが開発され、現在は日本脳炎の予防接種を受けられるようになりました。

このため、日本脳炎の予防接種の積極的勧奨の差し控えにより接種できなかった次の特例措置対象者の方は、公費で予防接種を受けられます。

特例措置対象者

  • 平成7年6月1日から平成19年4月1日までに生まれた方は、1期初回から2期までの未接種分を、20歳未満まで受けることができます。
  • 平成19年4月2日から平成21年10月1日生まれの方は、日本脳炎1期初回から1期追加までの未接種分を、13歳未満まで受けることができます。

 特例措置による接種回数、間隔等詳しくは、厚生労働省のホームページでご確認ください。(別ウインドウで開く)


子宮頸がん予防ワクチン接種について

平成25年6月14日付けで、厚生労働省より子宮頸がんワクチンについて、重篤な副反応等に関して国民に適切な情報提供ができるまでの間、積極的な勧奨(対象者等に接種を勧めること)差し控える旨の勧告がありました。

子宮頸がん予防ワクチン接種の「積極的な接種勧奨の差し控え」についてのQ&A(H25年6月21日)は、こちら(厚生労働省HP)(別ウインドウで開く)

ただし、子宮頸がんワクチンの定期接種を中止するものではありません。接種を希望される場合は、下記説明書をお読みになり、ワクチンの有効性やリスクを理解したうえで、予防接種を受けるかどうかの判断をしてください。

接種を希望される方は、予診票を発行しますので、母子手帳をお持ちの上、子育て世代包括支援センターまでお越しください。

電話相談窓口はこちら(厚生労働省HP)(別ウインドウで開く) 

法定外(任意)予防接種

  • 幼児対象のおたふくかぜ、中学3年生対象のインフルエンザワクチン予防接種について接種費用の一部を助成しています。

 いずれのワクチンも、接種を希望される方は、子育て世代包括支援センターへ母子健康手帳を持参の上、申請してください。接種に必要な、接種券を発行します。

  

助成回数等
ワクチン名 助成対象年齢 助成回数 費用等 
 おたふくかぜ1歳~4歳未満 1回 自己負担金300円 
 インフルエンザ

 中学3年生(平成18年4月2日~平成19年4月1日生まれ)

1回自己負担金300円
町内医療機関

医療機関名

TELおたふくかぜインフルエンザ

渡辺産婦人科

62-5885
西大寺医院62-1286
野﨑クリニック61-1810

清水小児科アレルギークリニック

61-2431

個別予防接種委託医療機関

接種できる医療機関は、下記の「個別予防接種委託医療機関一覧」でご確認ください。

医療機関によって、ワクチンの所有状況や予防接種を実施する曜日・時間などがそれぞれ異なりますので、必ず医療機関に直接問い合わせて、予約をしてからお出かけください。

個別予防接種委託医療機関一覧

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

お問い合わせ

埼玉県 嵐山町役場健康いきいき課保健担当

電話: 0493-59-6911 ファクス: 0493-62-0715