ページの先頭です
メニューの終端です。

遺族基礎年金

[2018年4月24日]

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

 国民年金に加入している人や老齢基礎年金を受けられる資格期間(原則として25年)のある人が亡くなったとき、その人によって生計を維持されていた子のある配偶者またはが受けられます。

受給資格のある人は?

  1. 18歳に達する日の属する年度末までの間にある子どもまたは、20歳未満で1,2級の障害のある子どもと生活している配偶者
  2. 18歳に達する日の属する年度末までの間にある子どもまたは、20歳未満で1,2級の障害のある子ども

受けられる要件は?

亡くなった人が次のいずれにも該当していることが必要です。

  1. 死亡日の属する月の前々月までの加入期間のうち、保険料納付済期間と保険料免除期間が3分の2以上あるとき。
    なお、死亡日が平成38年3月31日以前の場合は、死亡日の属する月の前々月までの1年間に保険料の滞納がないとき。(ただし、60歳以上65歳未満の加入者が亡くなったときは、死亡当時、日本国内に住所のある人が該当します)
  2. 老齢基礎年金の受給資格期間を満たしているときや老齢基礎年金の受給権者であったとき。

年金額は?

基本額 779,300円(平成30年度)

子のある妻が受ける年金額
基本額加算額合計額
子が1人のとき

779,300円

224,300円1,003,600円
子が2人のとき

779,300円

448,600円1,227,900円
子が3人のとき

779,300円

523,400円1,302,700円

4人以上のときの加算額は、3人のときの額に1人につき74,800円を加算した額となります。

子のみの場合に受ける年金額
基本額加算額

1人当たりの額 

子が1人のとき779,300円779,300円
子が2人のとき779,300円224,300円501,800円
子が3人のとき779,300円299,100円359,466円

4人以上のときの加算額は、3人のときの額に1人につき74,800円を加算した額となります。



遺族基礎年金について、詳しくはこちら(別ウインドウで開く)をご覧ください。

お問い合わせ

埼玉県 嵐山町役場町民課保険・年金担当

電話: 0493-62-2154 ファクス: 0493-62-0710