ページの先頭です
メニューの終端です。

嵐山町エリアリノベーション支援事業について

[2021年9月15日]

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

Emo-Town.Pro#らんざん

 令和3年度から嵐山町エリアリノベーション支援事業「Emo-Town.Pro#らんざん(エモタウンプロジェクト)」がスタートしました。
 
 このプロジェクトは、空き家、空き店舗、空き地等を活用して、町民の暮らしの中に「ちょっと楽しい、ちょっと面白い、ちょっと心地よい」を感じる魅力的なエリアを創出すること(エリアリノベーション)を目指しています。

 そのために、嵐山町及び商工会等がエリアリノベーションを行う〝ひと〟を発掘するきっかけづくりの事業を実施し、継続的にエリアリノベーションが進むようエリアプロデューサーを支援します。エリアリノベーションは民間事業者が主導し、原則、補助金に頼らず、自らの資金で魅力的なエリアを創出します。

 なお、このプロジェクトは、空き家、空き店舗等を改修するだけではなく、にぎわいのあるエリアを創出するために空き家、空き店舗等を活用するものです。

エリアリノベーションとは

 空き家、空き店舗、空き地等を活用して町民の暮らしの中に「ちょっと楽しい、ちょっと面白い、ちょっと心地よい」を感じる魅力的なエリアを創出することです。

エリアリノベーションのイメージ

  1. 活用されていない空き家、空き店舗、空き地等があります。
  2. まず1件、リノベーションが行われ、カフェ、雑貨店、事務所等が開業されます。
  3. 周辺の空き家、空き店舗、空き地等に連鎖的に展開されます。
  4. そのエリアでイベント等も開催され、人々がにぎわい、交流が生まれます。
  5.  町民の暮らしの中に「ちょっと楽しい、ちょっと面白い、ちょっと心地よい」を感じるエリアが創出されます。

※あくまでもイメージとなります。

エリアプロデューサーとは

 一定のエリアのにぎわいを創出することを踏まえ、エリアリノベーションを企画・運営する民間事業者のことです。

ご興味がある方はご連絡ください!

  • エリアリノベーションに興味があり、自ら実践者となって「ちょっと楽しい、ちょっと面白い、ちょっと心地よい」と感じることを行いたい人
  • 建築業、不動産業、デザイナー、クリエイター等、自分のスキルを活かして、「ちょっと楽しい、ちょっと面白い、ちょっと心地よい」と感じるエリアを創出したい人
  • 創業に興味がある人、DIY等を行った空き家、空き店舗で、カフェ、雑貨店、事務所等を開業したい人
  • ワクワクすること、新しいことが好きで、今の暮らしをもっと楽しくしたいと思っている人
  • 「ちょっと楽しい、ちょっと面白い、ちょっと心地よい」と感じるエリアの創出に、所有する空き家、空き店舗を提供してくれる人

連絡先

嵐山町役場 まちづくり整備課  ☎ 0493-62-0721  📩 r-machizukuri03@town.ranzan.saitama.jp

プロジェクトの取組

リノベーション講演会

■開催:令和3年7月24日(土曜日)
■講師:株式会社80% メンバー3名
■題目:主人公たちのまち ~17000の可能性~

 「何かやりたい」と想う16名の方々が参加しました。真剣な表情で講演を聴き、講師と活気ある意見交換を行いました。
 今後のエリアリノベーションの実現に向けて、期待の高まる講演会となりました。
 詳しくは、画像をクリックしてください。

講演部分のみ動画配信(別ウインドウで開く)していますので、是非ともご覧ください。

ワークショップ

令和3年11月から開催を予定しています。詳細が決まり次第、お知らせします。

お問い合わせ

埼玉県 嵐山町役場まちづくり整備課都市計画担当

電話: 0493-62-0721 ファクス: 0493-62-0713